心のおもてなし料理

心のおもてなし料理の作り方と少しのためになるセラピー💞毎日新聞エッセイ賞地区入賞、ノースアジア文学奨励賞受賞

絆のお弁当屋さん

こんにちは!こころの料理セラピスト!晴田 凪😆です!

今日は読者の方からいただいたメールを、

ご紹介します。

 

こんにちは!晴田さん

私は、他県から長崎に移り住んだんですが、

長崎って、他の県と比べて親子間や兄弟間が、

本当になかいいなぁと感じるのね。

長崎は昔原爆が落ちて、
たくさんの人がお亡くなりになった場所。

苦しくて痛くて寂しくて悲しすぎて…
たくさんの辛いを経験したからかな?

本当に仲がいいの。

親族間の愛情の深さはすごい。
その中で80代の姉妹が自宅の1階で、

弁当屋さんをしてて、とても仲がよろしく、

楽しんでお弁当を作ってるらしく。

私は仕事の時は外に出れないので、

事務員さんが時々買ってきてくれます。
2人で楽しんで作ったお弁当を、

美味しいと喜ばれ、そこでしかない会話があり。

80代なのに元気に過ごせて、そこに姉妹愛があるから
さらに楽しみが増えて素敵な方なのだろうなぁ。
今度、直接買いに行きたいなぁ。

 

 

 

 

 

Thanks by ひらやきさん💕

 

 
 
今日の心のおもてなし

 

《作り方》

 

色々な経験を共有し一緒に歩いていく。

楽しみも、苦しみも、辛さも、悲しみも、

幸せも一緒に味わいながら歩いていく。

 

絆を強くして歩いていく

それが家族なんでしょうね💞

 

戦争で大勢の方々が、お亡くなりになった。

 

恐怖…崩壊…絶望…

でもそんな中でも手をとりあい助け合って、

前をむいて戦後の日本を作ってくれた。

 

家族の強い強い絆、

生きる力、笑顔の大切さを、

私たちは忘れてはいけない

と感じました。

 

そんなたくさんの思いが詰まった、

家族が作るお弁当は、美味しい筈ですね

 

御馳走様でした。